債務整理の賢い選びかたとは?|自分にあった借金解決方法

債務整理を選ぶ際には、まず借金の残高がどれだけ残っているかに注目してください。かなり高額になっているようであれば、個人再生か自己破産を選んだほうがいいと思います。

 

悩むような場合は弁護士に相談しながら、任意整理を中心に考えるといいでしょう。

 

これを利用することによって、借金を減額しつつ、過払い金の請求も行えます。
また官報に掲載されないというメリットもありますから、誰かに債務整理を行ったことが知られたくないなら任意整理が一番いいと思います。

 

借金が1000万円を超えているようであれば、個人再生か自己破産の選択をしてください。これを任意整理で返すのは賢い方法ではありません。

 

誰かに知られてしまうリスクを覚悟で、借金を大幅に減らしていかなければならないのです。それを可能にしてくれるのは個人再生か自己破産です。

 

この2つであれば、1000万円以上ある借金が数百万円まで減らすことができますし、場合によってはゼロになります。
これで生活が変わるのであればそうすべきです。

 

また特定調停を利用する際は、過払い金の請求が行えない点に注意してください。
費用は安くなりますが、過払い金が失われるというリスクは大きいです。私は選ぶべきではないと思っています。